Requirement Definition

要件定義

要件定義・ベンダー選定支援

要件定義

Fintech領域の各事業(決済・銀行・証券・保険など)に必要な業務とはどのようなものかを明確にします。商品性や必要となる機能の手配、機能の構築方法など、現行調査と新規要件に対するフローの可視化を行い、業務とシステムを文書化することで明確にし、要件定義を実施します。

ベンダー選定支援

SIerやベンダーに対するRFI(情報提供依頼書)により情報収集を行い、RFP(提案依頼書)を作成することで、提案要求を行います。
提案依頼内容に対する提案書・提案内容詳細をもとに、RFPの各項目に対する充足度や自社で行った要件定義との充足度をもとに、選定に必要な項目に対する重み付けをもとに数値化し、システム開発等の委託先候補の選定を行います。

特徴

Atlasが選ばれる理由

  • 01業界経験者を含む経験豊富なコンサルタント

    業界出身を含む、多くのプロジェクトに携わったコンサルタントが、最新の要件や業界仕様を常時取り込みアップデート。最新の要件を取り込んだ作業推進が可能です。

  • 02SIerやベンダーに中立な立場

    特定のSIerやベンダーに依存しない中立な立場で、プロダクト・ソリューション・システム開発等の委託先候補の選定を行うことが可能です。

  • 03最新の商品性やセキュリティ動向

    デジタル化された最新の商品性やセキュリティ動向を踏まえた要件定義やベンダー選定が可能です。

取り組み

ケイパビリティ例

  • アクワイアリング事業・イシュイング事業開始に伴うシステム選定

    新たにアクワイアリング事業・イシュイング事業を開始するにあたり、必要となる業務・システム機能・外部接続仕様・国際ブランドとの必要手続きや費用を明確化し、事業採算性を踏まえたベンダー選定をご支援します。
    ベンダー選定後のプロジェクト実行支援や国際ブランドとの各種手続きにも対応することで、プロジェクトの進行をサポートします。

  • 勘定系・基幹系、情報系システムの選定・要件定義、アーキテクチャ設計

    マイクロサービスなど柔構造のシステム化をご検討支援します。実装プロジェクト開始後のPMO、システム監査、ユーザー受入テスト支援など、幅広くシステム化業務の支援を行います。また、ノーコード/ローコードシステムの検討、生成AIを始めとしたDX化の検討など先進技術の導入についてもエクスパートによる検討および実装支援を行います。

  • 市場リスクや信用リスク評価モデルの構築

    デリバティブ商品のプライシングシステムの構築、債務者信用スコアモデルの構築など、さまざまな数理モデル開発に関するご支援を行います。

  • 最新環境への移行・モデル設計

    AS400の最新Technology環境への移行など、レガシーシステムを先進的DX環境へ移行するさまざまなご支援を行います。現状調査~ToBeモデルの設計、アーキテクチャ設計などさまざまな機能やフェーズのご支援についてエクスパートによる検討および実装支援を行います。

Contact Us

お問い合わせ